気軽に友人を呼べるシニアリフォーム


●第14回リフォームコンクール優秀賞作品(総合部門)

『リフォームをしてみて思ったこと』
機能的にしたい、築20年の設備を一新してこれからも長く快適に使えるようにしたいと思い、リフォームに踏み切りました。おおよそすべてに満足しています。『住み手のプロフィール』リフォーム時の家族構成:2人家族(夫婦50代)リフォームの理由:○もっと便利・快適にしたかったから○住宅が老朽化したから。依頼先の決め手:知人・友人の紹介。

室内

『これからも長く充実して暮らしたい。シニア世代のリフォーム。友人を呼べる広い空間で豊かなシニアライフ』
ご夫婦お二人でキッチンに立たれるので、向かい合わせで調理・配膳ができるよう、アイランド型の作業台を設けました。LDKをワンルーム化し、リフォーム前は通路だった空間も居間に取り込み、パーティなどにも対応できる広い空間づくりができました。

●第14回リフォームコンクール優秀賞作品(総合部門)。

『リフォームをしてみて思ったこと』
友人を呼べる広々としたリビングや、みんなで使えるキッチンを作りたいと考えました。希望のイメージを説明したところ、設計担当の女性が予想もしなかった間取りを考えてくれました。打ち合わせも十分して、満足のいくリフォームになりました。予算の関係で一部材質を落としたのが心残りでしたが、1年たってみて、気にはならなくなりました。

『住み手のプロフィール』
リフォーム時の家族構成:2人家族(夫婦60代・40代)リフォームの理由:○もっと便利・快適にしたかったから○もっと広くしたかったから。依頼先の決め手:折込や新聞などの広告。

室内

『これからも長く充実して暮らしたい。シニア世代のリフォーム。自然の素材でやすらぎの空間に』
間仕切りの建具を壁に引き込むようにしただけでなく、収納の扉も隣接する収納に引き込む形で、全面が大きく開くようにしました。キッチンに出ている大きな柱のまわりをデッドスペースにしないように、カウンターを配して、広く見せています。リフォーム後、新しくしたレンジフードの吸い込みが悪く、調査したところ、ベランダ側の通気口を収納スペースでふさいでいたことが判明しました。